個人事業者と会社の違いとは?どちらにすべきなのか?

設立時のコストや手間は自営業の方が得

個人でお店を持つとき、ビジネスを始める時にはどんな形態をとるかの選択が必要になります。大きく分けると、個人事業主として行うのか、法人として会社組織にするのかです。一人で会社が設立できるか疑問に思うかもしれませんが、一人でも可能です。問題はどちらが得か損かでしょう。何事も最初があり、初期コストや初期手続きがあります。設立時のコストなどを考えると、個人事業主として自営業を行う方がコストは低くなります。オフィス費用など必要な経費はどちらも同じですが、自営用は会社設立費用が掛かりません。税務署に伝えるだけで行えます。会社設立には登記をする必要があり、司法書士などに依頼するともっとお金がかかります。数十万円は見ておく必要があります。

利益が大きくなったりビジネス上の事情ができたとき

独立をして仕事をする理由にはいろいろあるでしょうが、慈善事業でないならやはり利益を大きくしたい思いがあるでしょう。どんどん事業を大きくするには利益を大きくしないといけません。そのためにはできるだけ出ていくお金を抑える必要があります。利益が大きく出るビジネスをしているなら、自営業よりも法人化した方が良いかもしれません。経費にできる項目が法人化すると増えます。自営業では青色申告によって特典が得られるものの、法人で得られる以上の経費などは計上できません。その他、ビジネス上の事情で株式会社とつけた方がいい時があります。飲食店などなら店名のみですが、会社間の取引だと相手への信用が大事です。個人名だと会社名より弱くなる可能性があります。

事業を開業する前には、登記等の一定の事務手続きが必要です。このような手続きについては専門業者に代行を依頼する事が可能です。

© Copyright Independent Financial. All Rights Reserved.